我が社の歩み

1963年
(昭和37年)
当社の前身である、関東石油産業株式会社の資本により設立。
1972年
(昭和47年)
同社初代社長は本格的な運送業への進出を考え、藤野利夫に代表権を譲り渡し社長を交代する。
藤野利夫、代表取締役に就任する。
1975年
(昭和50年)
運送業を主業務とする為関東石油産業株式会社を太陽運輸株式会社に称号変更する。
明るく前向きな絶対的存在として太陽を社名に入れる。
1982年
(昭和57年)
太陽運輸株式会社を株式会社太陽運輸に称号変更する。
1988年
(昭和63年)
本社を前橋市五代町(前橋東部芳賀工業団地内)に移転し、本社物流センターを開設する。
1989年
(平成01年)
藤野隆司が専務取締役に就任する。温水機器分野のトップメーカーとの取引が始まる。
1992年
(平成04年)
顧客の新工場に伴い、八潮市に埼玉営業所を開設、住宅関連機器の配送・入出荷・保管業務を行う。
住宅機器の取付工事事業を株式会社協同ファシリティで開始する。
1994年
(平成06年)
企業理念体系を整理する。全社教育をグループ活動(小集団活動)等にて行う。
大胡物流センターを開設し、住宅関連機器の入出荷・保管業務を行う。
1995年
(平成07年)
埼玉営業所で顧客の調達部品管理・組立加工等を行う調達デポ業務を始める。
1997年
(平成09年)
茨城県土浦市に茨城支店・土浦物流センターを開設。
住宅機器の取付工事事業を㈲協同コーポレーション(戸田市)に集約し拡大する。
2000年
(平成12年)
代表取締役社長に藤野隆司が就任。
品質基準の国際標準規格ISO9002の認証を群馬県内運送業として4番目に取得する。
2003年
(平成15年)
前橋物流センターを開設し、倉庫を集約する。(約3,000坪の土地購入)
相模原営業所を開設し、バルク事業の現場管理を行う。
高崎営業所・高崎物流センターを開設し、食品の入出荷・保管業務を行う。
2004年
(平成16年)
前橋市に芳賀営業所を開設し、流通加工業務(ステンシル)を始める。
群馬国際ビジネス協同組合に加入し、中国人研修生を受け入れる。
(最大時で30名を受け入れ)
2005年
(平成17年)
株式会社ラックキャリアを設立し、一般労働者派遣事業を開始する。
2007年
(平成19年)
引越し業務を拡大し、独自の新商品『G-FIVEエコ引越便』を開始する。
藤野隆司が前橋トラック協会会長に就任する。
(後の群馬県トラック協会前橋支部長)
日創研東京経営研究会会長に就任する。
2008年
(平成20年)
『グリーン経営』を取得し、環境方針を発表する。
『Gマーク』(安全性優良企業)を取得する。
2009年
(平成21年)
群馬物流センターを開設し、自動車パーキング事業の組立・配送業務を行う。
(約6,000坪の土地購入)
群馬から首都圏への産直スーパーの冷凍・冷蔵・常温の三温度帯の配送事業を開始する。
『あかぎ野くらぶ』を設立し、流通事業を開始。地元農産物と消費者を結ぶ直販事業(直急便)に挑戦する。
2010年
(平成22年)
『あかぎ野くらぶ』流通事業の一環として、「たもぎ茸」の製造・販売を群馬物流センター東棟にて開始する。
本社にて、車両整備事業を開始する。
藤野隆司が前橋商工会議所議員に就任、交通運輸部会と商業物流委員会に所属し、業界とあかぎ野の発展を図る。
2011年
(平成23年)
みなかみ営業所を開設し、食品の入出荷・保管業務を行う。
2012年
(平成24年)
アクアクララの群馬総代理店になり、宅配水事業を開始する。
群馬物流センターの南棟を増設する。(約1,800坪)
大手コンビニの飲料関係の物流センターとして365日対応業務を群馬物流センターで開始する。
相模原物流センターを開設し、バルク事業の拡大を行う。
2013年
(平成25年)
群馬物流センターの北・南棟に太陽光売電事業を開始する。(約470KW)
流通事業部「あかぎ野くらぶ」で生産した「たもぎ茸」が前橋市の赤城の恵ブランド認証を受ける。
2014年
(平成26年)
つくば市の稲岡倉庫に出張所を開設する。
埼玉県川島町に埼玉営業所を開設し、大手コンビニの物流センターとして365日対応業務を開始する。
2015年
(平成27年)
渋川営業所を開設し
小型家電リサイクル(再資源)事業を行う
2017年
(平成29年)
群馬物流センターの北棟を増設する。(約652坪)